ロゴ
HOME>Column>交通事故に遭ったら後遺障害が出ないか注意しよう

交通事故に遭ったら後遺障害が出ないか注意しよう

ジャッジガベル

後遺障害で慰謝料を請求する方法

交通事故にあったときに、医療を受ければ完全に回復する怪我もあれば、後遺障害となってずっと残る怪我もあります。怪我をしたときは加害者側に慰謝料を請求するでしょうが、そのときには後遺障害のほうもきちんと請求しなければいけません。それは、手術などの事故直後におこなわれる治療よりも、長期間にわたって医療施設に通うことになる後遺症のほうが費用がかかる可能性があるからです。なお、後遺障害で慰謝料を請求したいのなら、自分でおこなおうとはせずに、弁護士に頼むようにしましょう。弁護士に頼めばそれなりの費用が発生しますが、それ以上の慰謝料を勝ち取ってくれるので、万全の体制で交通事故の後遺障害と戦えるようになります。

車

後遺障害認定の条件

後遺障害で慰謝料を請求するためには、とにかく認定されなければいけないので、まずはドクターに特別な診断書を書いてもらうことになります。しかし、認定してもらうためには怪我の状態や箇所などのいろいろな条件があるため、素人では後遺障害に当たるかどうかを判断することは、まず無理だといえるでしょう。そのため、確実に後遺障害と認定して欲しいのなら、交通事故の処理に詳しい弁護士に頼むことが大切です。専門の弁護士ならば、認定に必要な条件をしっかりと把握しているため、依頼者の有利に話を進めてくれるでしょう。ちなみに、保険会社でも後遺障害について相談に乗ってくれるかもしれませんが、金額を増やしたいのなら、同時に弁護士への相談を強く推奨します。

広告募集中