ロゴ

税に関する悩みは税理士に相談するべき!

普段支払っている税には、さまざまな種類があります。私たち自身は納税者であることに違いありませんが、税に関して完全に理解しているとは言えません。税に関する悩みを持ったら、税の専門家「税理士」に相談してみましょう。きっと良い解決策が見つかります。

依頼することで知識を吸収できる【税理士利用のススメ】

電卓

税理士から経営者向けの簿記講座が学べる

企業の経営者は、企業の納税者の代表でもあります。そのため、一個人としての税の知識に加え、法人税などの企業としての納税について知っておく必要があります。普段から企業の税に関する業務を行っている税理士は、経営者向けの簿記講座を開講している場合があります。経営者に必要な税の知識を、税理士から直接吸収できる機会を活用しましょう。

電卓

企業が納める税金に含まれている法人税とは

企業が納める税金としてよく耳にするのは「法人税」ですが、その内容をきちんと説明できますか?国税の一種である法人税は、法人の所得に課される税です。その税率は法人の所得や資本金によって異なります。また、似た名前の「法人事業税」や「法人住民税」などの税も存在しています。企業が納める複数の税金と、まとめて調べておく必要があります。

男性

税理士は問題の解決策だけでなく節税の方法も教えてくれる

法人税などいろんな税があるため、問題解決のために税理士へ相談することも大切ですが、安定した経営に欠かせないのが節税対策です。税理士と提携する最大の強みは、法令の範囲内で最大限の節税を行える点であると言ってよいでしょう。企業の納める税金は10種類以上あるため、その金額を少しでも減らすことは多くの経営者の望みと言えるでしょう。節税に強い税理士を選ぶことが経営に好影響です。

交通事故の後遺障害手続きを進めよう

[PR]
港区で税理士に問い合わせ
悩みを親身に聞いてくれる

税理士を依頼して解決させたい問題Best5

電卓
no.1

法人税や社会保険料の削減

法人税や社会保険料を削減する際、一元的な解決策では効果が薄い場合があります。多元的な対策による節税を税理士に依頼しましょう。

no.2

遺産相続に関わる問題

相続税や贈与税など、複雑な税金がからむ相続の最適解は税理士が知っています。生前からできる対策もあるので、早期に依頼することがお勧めです。

no.3

経営難の際の資金繰り

経営の立て直しに不可欠なものが資金です。資金繰りは融資をうけるだけでなく、さまざまな手段を講じる必要があります。

no.4

労働条件通知書の整備

企業で頻発するのが労働条件に関する問題です。税理士の作成する労働条件通知書は、そのような問題を未然に防ぐ役割を担います。

no.5

開業時の営業許可申請

経営者が開業する際に必ず直面する問題が、営業の許可申請です。税金が複雑にからむ問題は、手続きを含め税理士に依頼することでスムーズに解決できます。

アポスティーユ申請の専門会社

納得がいく税理士事務所を探そう

税に関する経営顧問として、問題解決のエキスパートとして、経営者は税理士と長く付き合っていくことになります。契約を交わしてから不満が出てくるようでは長い付き合いはできません。納得のいく税理士事務所を探し出し、厚い信頼関係を築きましょう。

広告募集中